最終処分場事業SERVICE

明るい未来へ“つなげる・つながる”。

最終処分場とは、埋め立てた廃棄物の中を通った雨水など(浸出水)が周辺の土壌や地下水に影響を与えないよう対策が整えられた最終処分場のこと。構造基準と維持管理基準、そして埋め立て対象が厳密に定められて言います。
株式会社ティーワンの最終処分場は、これらの基準をすべて満たす適正な処分場として平成30年5月31日に営業許可を取得しました。

施設概要

所 在 地 〒260-0046 千葉県千葉市若葉区小間子町6番202
施設の種類 安定型最終処分場(埋め立てによる最終処分)
取扱産業廃棄物の種類
(埋め立てに係るもの)
ア)廃プラスチック類(石綿含有産業廃棄物を含む)
イ)ゴムくず
ウ)金属くず
エ)ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず(石綿含有産業廃棄物を含む)
オ)がれき類(石綿含有産業廃棄物を含む) 以上5品目
埋 立 面 積 19,063.29㎡
埋 立 容 量 206,117.6㎥
許可の有効期限 平成35年5月30日